ロゴマーク

創業100余年。東京スカイツリーを望む、東京下町すみだの「技」と「粋」伝統工芸江戸切子 体験工房ショップ

江戸切子の引き札

江戸切子について

1)江戸切子のはじまり

江戸の天保年間(1830~1844)より、江戸大伝馬町にビードロ問屋を営む加賀屋久兵衛らが南蛮人により持込まれた海外のガラス製品に切子細工を施したのがはじまりといわれています。こうした技術が現代まで受け継がれ、東京で切子加工をされたガラス製品が総称的に江戸切子と呼ばれています。また、加賀屋久兵衛発行の引き札(今のカタログ)には当時の扱っていたガラス製品の数々を紹介されており、江戸期のガラスとして、ガラス食器のほか、理化学用ガラス・日用品ガラス・金魚鉢などにも江戸期には多くのガラス製品の商いがされていたことがわかります。

江戸切子の引き札

2)江戸切子と薩摩切子の違い

  江戸切子 薩摩切子
生い立ち 町民から出てきた技術。 薩摩藩主 島津斉興・斉彬二代の起業。
時代 江戸天保年間(加賀屋・在原屋など
ビードロ問屋)より今日までの切子ガラス
技術の伝承。
江戸弘化4年に制作され始めてから
施設滅亡まで、ほぼ10年の間製造。
近年 現当主が復興再現。
切子の特徴 無色透明なガラスを起源として、その後、藍・紅色の厚さの薄い色ガラスを無色透明なガラスに着せた器に切子を施している。江戸風情から生み出る花鳥風月のデザインや柔らかな曲線を多用した多彩で粋な切子デザインが多い。 海外の手法にみられる厚めの色ガラスを明な色ガラスに着せている器に対し、色ガラス部分を深く切子していることにより生じる色のグラデーションの味わいがある。また、菱切子などによる直線的なデザインが多い。

3)江戸切子の出来るまで

4)江戸切子の代表的紋様

ページのトップへ戻る