ロゴマーク

創業100余年。東京スカイツリーを望む、東京下町すみだの「技」と「粋」伝統工芸江戸切子 体験工房ショップ

復刻江戸切子のバナー

復刻江戸切子

江戸切子のはじまり

江戸時代後期、江戸大伝馬町(通塩町)にて、ビードロ問屋を営む加賀屋久兵衛がガラスに切子(カット)を施したのが江戸切子の始まりといわれております。こうした技術が現代まで受け継がれ、東京で切子加工をされたガラス製品が総称的に江戸切子と呼ばれています。

商品03

ページのトップへ戻る